--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月25日 (土) | Edit |



★電気自動車が発売された!


======================7/24 うみ太郎
uri03_205


今月23日いよいよ電気自動車が発売になった。ハイブリッド車のプリウスと
インサイトの人気も高く,納期は半年以上の車種もあるという異常事態だ。

両方のレンタカーに乗ったが,運転する上で普通のガソリン車と何ら変わる
ところがない。プリウスの方がトヨタらしく全体的に建付けが良くインサイト
はバネ下荷重が重く感じてバタバタする。アルミホイールにするとすばらしく
なるのではないだろうか。

燃費は確かに軽自動車並みに良かったが,両方とも形が悪い上に似ているので
選択の余地がないことが何とも異常だ。だったら,車種の豊富な軽自動車の中
から好きなのを選んだ方がよほど気が利いているのではないか。
結論として,ハイブリッド車は中途半端だ。それが売れるというから不気味だ。

やはり電気自動車が良い。ぜひ,4輪を独立な4つのモーターで回してほしい。
しかし,電池だけでエアコンを使うことを考えるとゾッとする。年間2,3人の
幼児が車の中に放置されで熱射病で死なされる国だ。電気自動車だと2,30人は
殺されるに違いないからだ。

エンジンのトルクでタイヤを直接駆動する仕掛けをやめて,発電機と直結して
効率を上げるために発電専門にし,発電された電力は全て電池に蓄える。
エンジン・発電機・蓄電池が一体となって燃料電池とするのがいいと思う。

エンジンはコンパクトなロータリーエンジンが適しているかもしれない。水素
ロータリーエンジンはマツダが研究しているらしい。はたしてロータリーの
出番はあるのだろうか?

しばらくはガソリンとか水素などでエンジンを使って発電しながら走る必要が
あるので,早く軽自動車をハイブリット化してもらいたい。

ほとんどの乗用車やタクシーは軽自動車で間に合う。高速道路も最高時速を
80Kmとして軽自動車に合わせるのが良い。そのくらい思い切ったことを考え
ないと,この国のCO対策はとても追いつかない。

そのうちに水素燃料電池などの燃料電池が実用化されるだろうし,蓄電池も
改良されて安心してエアコンを使いながら長距離ドライブができるようになる
だろう。

ほとんどが日本の得意とする技術分野だから,楽しみだ。しかし,技術だけ
ではこの難局を乗り切るのは難しく,法律や社会インフラの整備が並行して
求められる。これらは日本の最も苦手な分野だ。民主党に期待しよう。■


太郎バナー 海うみバナー




スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。