--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月21日 (金) | Edit |

中国は北朝鮮との関係を明確にすべき

北朝鮮は否定しているが,韓国艇を魚雷で沈没させたのは北朝鮮に間違いない
だろう。中国は「冷静な対応を…」と述べている。と言うことは何か知って
いると言うことだ。

6カ国協議の中で中国は,北朝鮮とも親密でありアメリカや日本とも経済的な
つながりが深いので,対立する両者の間に入って巧みに又はずるがしこく立ち
回っているが,今後は両方にいい顔をするのは難しくなる。

中国の存在があるからこそ北朝鮮は魚雷攻撃ができたと考えられないだろうか。
と考えると「冷静な対応を…」と利巧ぶっている中国の態度はおかしい。
おまけに,事件が起こったのは中国本土から250Km程度しか離れていない。

アフガニスタンでは毎日のように人が殺され,タイでも大勢死人が出ている
現在,国連に魚雷事件を持ち込んでもボケた結論しか出ないに決まっている。
これは6カ国で協議する問題であり,もし北朝鮮が参加しないのなら5カ国で
北朝鮮に対する対応を真剣に話し合うべきだ。

上海万博などと浮かれてる場合ではない。今度こそ,中国は態度をはっきりさせ
る必要がある。いつまでもどっちつかずの態度は認められない。アメリカを倒
し世界に君臨したいのなら,はっきりそう言うべきであるし,もし極東の平和
に貢献したいなら,気取ってないで積極的にこの問題解決に尽力すべきだ。■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。