--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月23日 (月) | Edit |
自動車補助金とかエコカー補助金の延長が検討されているらしい。家電のエコ
ポイントは延長しないのかね?

日本中の家電業界が新製品開発をすっかり忘れてエコポイントで盛り上がって
国内で売りまくっているとき,韓国のサムソンはヨーロッパを始め世界中で
徹底的にマーケット調査をおこない,次々に新製品を世界中に輸出することに
よって,日本企業に対して圧倒的な実力差をつけてしまった。

だから,車や家電が売れないからと補助金を出すのは大きな間違いだ。補助金で
うるおったトヨタやホンダからは新製品が出なくなってしまった。プリウスや
インサイトを作ってれば十分だから技術開発など馬鹿らしくてやってられない!
ホンダやトヨタが世界の自動車業界をリードする時代は終わったのではないか。

戦後,為替が変動制になり我が国の製造業が力をつけることによって円高が
進み,結果として農業は危機的な状況になっていった。仕方ないので補助金を
農業や林業に垂れ流すことによって一応の不満は消し去ることができた。

しかし,今の農業や林業はまるで時代遅れとなり,東南アジアの発展途上国と
変わりない状態なのではないか。技術的にははるかに上だろうが,全体的な
実力ではほとんど変わりないといえるだろう。

自動車も家電もいつまでも補助金漬けにしておくと国際的な競争力が減退する
のは誰が考えても当たり前だ。

補助金を出したいならば下請けの零細企業に出すべきだろう。大企業は入った
補助金を下請けには爪のあかほどもくれてやらないだろう。しかし,大企業は
技術開発力があるのだから,円高と世界的な不況になっても生き残る可能性は
十分にある。下請けは開発力に乏しいから自力で持ちこたえることはできない
のだから,補助金は下請けの零細企業に向けられるべきだ。

子供手当てが必要なように零細企業にも補助金が必要だ。子供たちは立派に
育ってほしいし,零細企業も同様である。■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。