--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月27日 (月) | Edit |

日本人は米軍基地を沖縄に押し付け,もし中国ともめ事が起こっても本土への
影響を何とか最小限に留めようと考えている。

基地の存在が如何に危険であるかは,沖縄人たちは太平洋戦争の結果として
身にしみて分かっているから,基地は要らないと懸命に叫んでいるのだ。

その点日本人はノーテンキだから,沖縄に基地があれば本土が中国軍の攻撃を
受けたとき,米軍が助けてくれると固く信じて疑わないから,おめでたい。

近代兵器にとっては沖縄でも本土でも距離的に関係ないのであり,火の海に
なるときは両方とも同時だ。

アメリカにとっては沖縄が中国に対する盾なのではなく,日本全体が盾なの
だから,アメリカから見ても沖縄とか本土とかの区別は無意味だろう。

逆に,中国から見ると北朝鮮が彼らの盾である。北朝鮮が魚雷を発射したり
韓国の島に砲弾を撃ち込んだりしているのは中国の後ろだてがあるからだ。

しかし,その北朝鮮は何とかアメリカと関係を改善したいと熱望している。
北朝鮮の盾が外れたら中国は国際社会から完全に孤立するのだ!

だからこの2カ国をテーブルにつかせる役は絶対に中国ではありえないと言う
ことだ。中国が6カ国協議を提案しているが,とんでもないまやかしである。

この仲介役は日本の役目ではないのか?来年は崩壊確実な菅内閣は一か八か
金正日に働きかけてみてはどうか?どうせつぶれる内閣なら失うものは何も
無いのだから。

日本領海の油田問題や沖縄基地問題とか北方領土問題など,このままでは全く
動きが取れないのだから,自分から一石を投じないと何も起こらない。
たちあがれ日本と連立するアイディアしか出ない菅ではもうアカンな…■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。