--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月03日 (金) | Edit |

 東北大震災,原発事故,爆発寸前の国債,減り続ける税収などなど,まるで
同時多発テロのような我が国の大問題を処理するには,今の政府では荷が重過
ぎることは誰の目にも明らか。

千年に一度の大災害だから,政党の垣根を越えて協力し合って…,と言うが
もともと水と油と砂のような政党ばかりだから,交じり合うのは無理。

多くの難問を同時に解決するには分散処理法しかない。 思い出してみると,
去年までは「地方自治」の大合唱が聞かれたが,今はどうなったのだろうか?

大阪の橋本知事あたりがリーダー的(?)だったようだが,どうなったのかな?
問題が大きくなるとサッと手を引くということか?

地方が担当する問題と国が担当する問題に分けて責任の所在を明確にしながら
スピードアップを計るようにしないと,このままでは被災地から例えば多数の
自殺者が出るのではないか?

大震災の被災地から村長さんとか町長さん市長さんが続々と首相官邸に行列を
つくる。だから誰がなんと言おうと総理は3日やったら止められないようだ。

たとえ支持率が一桁になっても,うそつき呼ばわりされても,どんな卑怯な手
を使っても…。

大災害のときは即断即決で事を運ばないとダメ。知事に全権を持たせて使った
金は国に請求書を回す,そんな英断が必要ではないか。

関西あたりから「地方自治」の火の手は再び上がらないものか?問題が大きす
ぎて引いてしまったのか?地方自治を強化して,知事どうしで力を出し合って
難局を乗り切ろうとする勇気はないのか?

このままでは,菅直人の思う壺である。菅を倒すのは自民党でも共産党でも
官僚たちでもないと思う。地方自治の大合唱だと思うが…無理だろな…■


スポンサーサイト
テーマ:震災救援・復興
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。