--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月27日 (土) | Edit |

島田神助氏が芸能界引退の記者会見を行った。神助氏の芸風はおバカを集めて
バカをバカにする事によって威張り散らすもので,個人的には好きではない。
障害者の車椅子をけとばすような行為に見えて仕方がない。

だから,神助氏が引退しようが謹慎だろうがどうでもいいことだが,気になる
ことがある。

芸能人は口が商売だから,その言葉から真実を読み取ることは素人には難しい。
記者会見での音声を無視して彼の表情や態度だけを見た方が真実を見やすい。

映像を見ていると,はなたれ小僧が親に怒られて泣きながら言い訳をしている
ように見える。「悪いのはA君やB君だぞ。俺は少年野球チームのエースだぞ。
止めろと言うなら止めてやる。俺は悪くないんだ」と言っているように見える。

全く反省の態度が見られなかったのだ。反省があって,次に身の振り方を考え
るのが手順のはずだ。たとえ芸能界を去っても神助氏は近い将来,同じような
問題を引き起こすと予測される。

先月末,経済産業委員会で海江田万里大臣(当時)が勝手に大泣きしていた。
脱原発を主張する菅総理と原発は絶対必要とする経済官僚の間に挟まって自己
を見失ったのだろう。

海江田にとっては原発などどうでもいいのだろう。自分に信念がないから総理
とも或いは部下の官僚たちとも議論にならずに,すぐに感情的になってしまう
のだろう。政治家としては最悪である。

万里と神助は良く似ている。筆者は好まないが,神助の司会者としての人気は
ピカ一であるようだが,心は幼稚だ。芸能界をやめて良かったのではないか。

万里氏もタレントであり評論家としては一流かもしれないが,政治家としては
原発や行政改革に対してなど,しっかりした信念を持っているとは到底思えず
幼稚さが目立つ。

政治家は国民のために命をささげる気持ちのある者の中から選ばれる必要が
ある。だから,経済は分かるが原発は分からない,では政治家ではない。

この男が総理大臣候補なのだそうだ。この国は一体どうなってるんだろう?
この国の一流とは何なんだろうか?

一流芸人は政府が選んだのでなく,国民が選んだものだ。一流政治家も国民が
選んで国会が育てた者だ。それらが全て幼稚であるとしたら,それは誰の責任
だろうか?

国民の責任に決まっている!

総理も大統領の様に国民が直接選ばないとダメだとの意見も多いが,選抜方法
の問題ではないことが,この二人の例を見ても良く分かる。日本人の人の評価
方法に問題があるのだと思う。

この国の政治も経済も社会も前途多難だ。
問題の核心は実は日本人の心の中にありそうだ■


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。