--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月14日 (月) | Edit |

読売ジャイアンツの清武球団代表がジャイアンツのお家事情をぶちまけた。
渡辺球団会長の独裁体制を告発したのだ。

記者会見の日には,晴れがましい日本シリーズ開幕の前日を選んだことを
「TPOをわきまえない清武代表」と非難したメディアもあったが清武代表だけ
の責任にしていいのか?

2人とも新聞記者上がりであるから記事を書く時,そのタイミングがきわめて
大切であることは誰よりも分かっているはずだ。

渡邊会長は清武・記者会見の直前に清武氏と電話をし「清武は辞職はしない」
と言っていたと,もらしていた。重大な発言だ。

この事件はこの2人が仕組んだ猿芝居ではないのか?巨人が日本シリーズに出
られなかった腹いせに,野球界全体に石を投げつけたのではないか?

渡邊爺さんも「ろれつが回らない?」雰囲気もあり,自分でも自覚している
だろうから,いつ辞めてもいいと思ってるだろうし清武代表も巨人の成績不振
の責任を取る覚悟はあるのだろう。

だから,2人とも喧嘩両成敗になっても,それはそれでいいと考えているので
はないだろうか?誰か巨人を何とかしてくれ,と言うことか?

新聞記者出身の2人にとってスポーツ紙のトップ記事に,しばらくは巨人の
文字がなくなるのは,絶対に我慢できなかったのだろう。

しかし,そんな勝手なことは許されないのであり,今回の事件は野球好きな
日本国民に対して大変「無礼」なことであり,一段落したら読売新聞とか球団
は国民に対し明確に謝罪しなくてはならない■


スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。