--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月16日 (金) | Edit |
徳川家康は「百姓は生かさぬように殺さぬように」と言ったとか。解釈は色々
あるようだが能書きはいいから,素直にそのものずばりの意味に受け取りたい。

「民間人は生かさぬよう殺さぬよう」が野田内閣の消費税操作の真の目的であ
ることがやっと見えてきた。

消費税増税と社会保障の一体改革と言っているが,一体にする必要はない。
単なる語呂合わせに過ぎないことは民間人の誰でもが知っていることだ。

景気が良かろうと悪かろうとそんなこと知ったことではない,とにかくすぐに
税率を上げたいのだ。景気が良くなれば消費税率を上げ,悪くなれば下げる,
そう言う適応性を付加させようとする姿勢がはっきりしてきたのだ。

やっと公務員たちの本音が見えてきた。今税率を上げようとしているのでなく
必要に応じて消費税率を簡単な手続きによって調整したいのである。

官僚を中心にした公務員たちは際限なく特殊法人を複雑化し,限りなく天下り
先を隠ぺいしながら公務員天国を維持するためには「民間人は生かさぬよう殺
さぬよう」にするのが一番手っ取り早い。

消費税率という「蛇口」さえ付けておけば,その調整に議会の承認が必要で
あっても,与党が自民党だろうと民主党であってもそんな作業は官僚にとって
赤子の手をひねるようなものなのだ。

個人や法人の所得税とか住民税などなど税率や数字をいじるのは大変なのだ。
これらを調整する法案を官僚たちが作っても議会でいつ承認されるか全く見当
がつかないのが現状だからだ。

野田内閣には友達が皆無だ。与党の中も敵だらけ,もちろん野党は全部敵。
民間人からもほとんど背を向けられている。唯一の友達は官僚で代表される
公務員たちだけだ。野田も国会議員だから公務員だ。

だから彼は公務員たちのために必死で消費税率を操作できる法案のために努力
しているのだ。この法案が通ると,例え景気が回復しても民間人は絶対に幸せ
にはなれない。消費税率がじわじわ上がるからだ!

どじょういわく「民間人は生かさぬよう殺さぬよう」
この法案は,実は民間人対公務員の戦いの最前線なのだ。■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。