--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月08日 (日) | Edit |

IOCは2020年のオリンピック開催を東京に決めた。
「フクシマは東京から遠い」ことが確認されたのだろう。

これからは「フクシマはますます東京から遠くなる」に違いない。
フクシマの人たちの苦しい生活ぶりよりも,オリンピックの話の方が楽しいに
決まってるから,「臭いものにはふたをする」ことになるだろう。

マドリードもイスタンブールも若者たちの暴動の可能性をはらんでいるから
放射能問題を抱える東京の方がまだましだということか。

オリンピック開催予定地になれば多くの工事が始まるから,若者たちの仕事が
増えることになり,暴動なんて起こらないに違いない。だからこそ,これらの
都市の若者たちは,このところ暫くはおとなしくしていたのではないだろうか。

彼らを助けてやろうというような気持ちは,IOCにも国際世論にも無くなりつつ
あるようだ。ついでに言うならば,国際世論は良心とか正義とか大義などの
感覚も無くしつつある。

シリアの化学兵器問題に関しても国際社会もアメリカ国民も「ほっとけ」の
方向である。すると,北朝鮮の核兵器も「ほっとけ」と言うことになる。
オバマだけが浮いているように見える。

世界の警察官は消滅しつつあるのか■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。