--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月14日 (月) | Edit |

10月8日三鷹市の住宅街で18歳の女子高校生が殺害されるというストーカー
事件が起こった。いかにも清純な美少女が鬼畜にも劣る若造に殺されたような
報道であった。

10月4日:学校が杉並署に電話相談。→三鷹署に相談するようにとのこと。
10月8日:両親と共に三鷹署に相談に行く。
    同日夕方殺害される。

ここで疑問が残る。

10月4日杉並署の次に,なぜ直ぐ三鷹署に電話しなかったのか。
(杉並署は三鷹署にすぐ引き継ぐべきだったとの意見も多いが,一体何を
引き継ぐのか?学校が三鷹署に電話すればいいだけのことだ。警察の肩を持つ
わけではないが,警察に非はないと思う)

10月8日に三鷹署に相談に行っているが,なぜ4日後なのか?自分の娘の生命が
危ういと感じたら,すぐ警察に行くだろう?

学校の対応も両親の対応も遅い。何かおかしい。この子は何かを隠してるなと
思ったので少しネットで調べてみた。

まず目に入ってきたのが被害者と加害者とが仲良く写っている写真だ。
SNS上での付き合いだけと思っていたが,親密な大人の交際をうかがわせる。
より親密な関係をうかがわせる写真も数十枚も公開されている。もちろん
それが当人のものかどうかは確認しようもないが,最近の画像技術は鮮明だ。
加害者が公開したとみられている。(今はもう見れないよ)

■ここまで調べると前記の疑問がおぼろげながら解けてくる。被害者と加害者
は自分たちが危険な状態にあることを十分に理解していたが,被害者はそれを
親や警察に正しく説明できなかった。とても自分の口では言えないような交際
があったのだろう。

だから警察も親も先生も加害者が脅している程度にしか考えられず,対応が
後手に回ったのではないか。また,今回は被害者の命を救えても加害者は
いずれまた殺害を強行するだろう。

なぜ強い殺意を加害者が抱いたか,である。例えば,本当に例えばであるが
年下の小娘に自分が遊ばれたと感じたのかも知れない。違うかな?
そう考えると,多分これはストーカー問題ではないだろう。

■なぜこの事件にこだわるかと言うと,まじめな交際を期待している若者達が
引いてしまうことを心配しているのだ。下手な恋愛をすると殺されかねないと。
あぶない男や怪しい女が大勢いることは否定できない。しかし,それ以上に
まじめな若者も多いことを期待している。

一番安全なのは援助交際(若年売春)である。これにまつわる殺人事件はあまり
聞かない。なぜなら金で清算するからである。後腐れがない。

だから,子供のころは若年売春でストレスを解消しながら男を見る目を鍛えて,
社会人になったら適当に合コンなんかで男を釣り上げて結婚すればめでたした。

しかし,そんな社会で良いのかよ。

■関係者や警察は学者も交えて,事件の真相を研究し全容を明らかにして,
まじめな若者たちの参考に供してほしい。命がけの恋愛も善だから。

被害者が亡くなったからと言って,事件にふたをしてはいけない。
いま生きている若者を大切に育てることが最も大事だから■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。