--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月17日 (火) | Edit |

特定秘密保護法が両院で成立した。
軽自動車税の増税があっさりと決まった。

大多数の市民が特定秘密保護法に反対しているのは政府が説明不足だからだ。
もっと言うと,説明の上手下手ではなくて,隠し事をしているからである。

中国の南下政策が激しさを増してきているため,政府は米軍との連携が必要に
なるから,米軍からの秘密情報のリークを防ぐために急いで秘密保護法を作る
必要があったと考えられる。

だったら正直にそう言えばいいではないか!国民に隠さずに説明すればいいの
である。市民の知らない情報を保持している政府や行政が事実を隠すという
ことは「ウソをつく」ことと同意義で罪は重い。

工業材料やガソリンなどを,これからますます節約しなければならないのが
我が国の実情である。バカでもわかる現状なのに,軽自動車税の増税を決めて
しまった。

アメリカが大型車を日本に売り込むときに邪魔なのが軽自動車である。
今回の増税決定もアメリカの圧力によることは明らかだ。

だったら,政府は正直にそう市民に説明すれば良いではないか!
なぜ言えないのだろうか?大した内容ではないだろうに…。

「ウソつき政治」は民主主義からほど遠い。
自民党政権が続くかぎり,子供たちに「ウソをつくな」とは言えない■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。