--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月14日 (水) | Edit |
どじょうは小さくてすばしっこく,どこへでも潜り込む賢い魚のイメージが
あるから,野田総理には100点とは言わないまでも70点程度の活躍を期待して
いた。

しかし本人の感覚では,国民の前には姿を見せず常に官僚たちの陰に隠れて,
自分では何も判断しない,という意味だったようだ。

現在のほとんどの国会議員と同様の,政治屋さんの一人に過ぎないことが良く
分かった。この男に全ての国民の命を託すわけにはいかないことは明らかだ。

それはそれとして,来年の一文字漢字は{半」が良いと思う。

国会議員定数を半分にする。
国会議員を含めた公務員の給与を半額にする。
国の予算を半額にする。
地方自治体も国にならうこと。

これらの変化に伴って民間人の収入も減るだろうから,生活を徹底的に見直す
必要が出てくる。国の援助に頼らなくてもいいような生活設計が必要だ。

次期戦闘機など要らない。中国や北朝鮮と仲良くすればいいだけのことだ。

来年は「半」で行こう。

それができる人物に総理大臣になってもらえば良い。
何となく票を多く集めたから君が総理大臣,みたいな選び方は止めよう。
テーマを持って,それができると言う議員の中から総理を選ぼう■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。