--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月10日 (火) | Edit |
川崎フリューゲルスの失態


サッカーに興味のない人に対しては,まず事件の説明が必要だろう。文化の日
に行われたJリーグ・ナビスコ杯決勝は川崎Fの完敗となり準優勝で決着した。
下馬評では川崎Fが断然有利と思われたこともあって,「2位では無意味」との
思いで全選手が試合に臨んだのだろう。

世の中そんなに甘くない。FC東京の2人の若手に目の覚めるようなゴールを
きめられ試合終了後はすっかりふてくされてしまった。表彰式でも首にかけて
もらったメダルをその場で外したりなど大人げない態度が目立ち,結局賞金の
5,000万円を返上する騒ぎになってしまったのである。

しかし,これはマナーの問題であるから賞金を受け取らなければそれで済むと
いう問題ではないだろう。例えば選手が八百長試合をやったので,賞金を返す
ならば,それは当然正しい。

マナーの問題を反省するのならば金ではなくて別の形が必要なのではないか。
特に子供たちが見ているのだから,金で解決する発想は絶対に正しくない。
落ち着いて考えれば子供でも気付くはずだ。

例えば全員丸坊主になるとか…。でも,選手には坊主頭も多いからこの案は
良くない。だったら,川崎駅の周辺とか公共の広場などを1ヵ月程度毎朝掃除
をする,なんて言う案はどうだろうか。

朝清掃にはサポーターも参加するようになれば,川崎の街全体がきれいになる
かもしれない。サポーターも喜ぶだろうし,街もきれいになれば一石二鳥だ。
スポーツマンとしての謝罪はこれで十分だと思う。

川崎Fには中村憲剛,ジュニーニョ,鄭大世など優秀な選手がそろっているが,
全体的に見るとなぜか子供っぽいチームに見えてしまうのは筆者だけだろうか。

確かに,賞金5,000万円返上を決断した川崎F社長や幹部の行動は早かったが,
マナー問題を金で解決することを選んだことは,選手同様に大人げないので
あって,このチームの子供っぽさは会社そのものに起因しているようだ。

試合中の選手たちは即断即決でプレーしなければならないが,社長や会社幹部
はもう少し問題を分析して十分に考えてから判断したほうがいい。十分に考え
ないのが日本人の特徴だというのなら仕方ないが…。

プロだから賞金を返却する必要はないのであって余計な前例を作ってくれた。
スポーツ選手としてもっとさわやかな謝罪方法があったはずである。■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。