--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月30日 (月) | Edit |

輸出を減らせばいい

巷では景気が悪いらしい。輸出が伸びないからメーカーは必死で内部努力して
コストを下げて何とか外国に買ってもらおうとするが,さらに円高が進むから
泣きっ面に蜂であり,内部努力も限界だろう。

おバカな経済評論家はマネーサプライを増やせばいいだけだと言う。しかし,
いくらマネーを増やしても仕事の現場で金の流れが滞っているからスムーズに
流れない,と考えるのが正しいだろう。

仕方ないからエコポイントだの定額給付金だのと税金をばらまいたが,一時的
な効果しかなかった。毎年毎年,我が国ではこのような経済対策をやりすぎて
いる。

土木工事やら箱モノ行政などは見方を変えると全てが定常化した経済対策だ。
知らぬ間に,何百兆もの国債を発行して勝手に国民を借金ずけにしながら,
景気対策をやり続けている。

おまけに円高である。円高になるとなぜか経団連会長が出てきて,経済対策を
やってほしいのだと言う。それよりも無秩序な輸出を減らせ!

何のことはない輸出が多すぎるから,日本に外貨がたまって円高になるのだ。
国を船に例えると,石ころを積みすぎても沈没するし金の延べ棒を積みすぎて
も沈没する。沈没は積み荷の種類には無関係だ。

もうこれ以上輸出業者の犠牲になりたくはない。日本人は輸入は悪,輸出は善
と考えがちで,無秩序に輸出をしている。景気が悪い悪いと言いながらも,
輸出と輸入の差が毎月1兆円近くもあるのは異常だ。

国外に工場を持って行って物作りは外国でおこない,日本に逆輸入すればいい
ではないか。例えば,車は国内で設計して国外で生産し外車として輸入すれば
いいことになる。

国内の労働者が余剰になるが,農業に従事させればいい。輸出が減って輸入が
増えれば少なくとも円高は穏やかになるので,農業も外国と競争しやすくなる。

とにかく,輸出は善,輸入は悪ではなく,そのバランスが大切であり,それを
調節するのが政府の役目だ。そうすれば,コンクリート行政の必要はなくなる
と思う。■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。