--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
リーダーになれない国

本を読むのは好きではないので当然読んでないがJapan as No1と言う本の名を
聞いたことがある。もちろんJapan is No1ではない。本に書いてくれなくても
この国に長く住んでいれば,日本がNo1になれないことぐらい言われなくても分
かっている。

話は飛ぶが,最近の中国の漢字は我々日本人にはまるで読めないのが多い。
どんどん改良が加えられているからだろう。韓国でもしばらく前までは漢字混
じりの文が目立ったが,最近では漢字を見ることはほとんどなくなった。

唯一,日本だけが何の考えもなく古代中国文字と「かな」を併用しており,
誰もそれ以上の改良を試みようともしない。

この国で日本語の改良研究をおこなうのは大学ならば文学部と言うことになる
のだろうか?文学部に「研究」という単語はまるで似つかわしくないと感じる。
言葉の研究など,どこからもまるで聞こえてこない。

「研究」が必要なのは理工学の分野だけでなく政治・経済・文学などでも時代
を先行する研究作業がどうしても必要なのである。全ての分野で研究が必要で
あり,このバランスが悪いからこの国はどんどん落ちぶれていくのだ。

北半球をおおう寒波の来襲で多くのホームレスが寒空に震えているのに,漢字
がテーマのクイズ番組が花盛りで,難しい漢字を読むと「すごい!」「頭良い」
と,ノー天気に大騒ぎだ。字が読めれば頭がいいのか,バカヤロー!
もっと勉強することはないのか。

この国は世界のリーダーどころか東南アジアのリーダーにもなれっこないこと
をしっかりと認識しよう。そして,じたばたしないで,もっと気楽に生きよう。

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。