FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月09日 (火) | Edit |
日本人は頼りにならないから

鳩山首相は普天間問題を5月中に解決したいそうだ。そのための検討委員会は
今月中に具体的な移設候補地を絞り込む予定と言っている。まともな解決案も
ないまま時間切れと言うことで強引に結論を出すやり方は卑劣である。

アメリカの顔色をうかがいながら,沖縄の世論を聞くふりをしながら,政府
支持率を気にしながら,結局は沖縄の意見を無視する結論を出すのだろう。

普天間基地をどこへ持って行くのが良いかA案とB案があったとして,国民に
アンケートをとると60%以上が「どちらとも言えない」と回答するらしい。

マスコミが騒ぐほど日本人はこの問題を議論したがらない。どうでもいいから
早く決めてほしい,と言うのが本音なのだ。政府もそれを良く知っていて,
結局は沖縄のどこかで決着させるタイミングを見計らっているにすぎない。

八方美人的な解決案はないのだから,最後は苦渋の選択(?)とかなんとか言
って大英断だとして,沖縄県民に泣いてもらう結論になるに決まっている。

こんないい加減な政府,こんないい加減な民族に沖縄の人たちは命を預ける
意味があるのだろうか?私も日本人だから分かるのだが,日本人は心の底では
琉球人を少し外国人だと思っている。

南太平洋にはパラオ/バヌアツ/サモア/フィジーなど沢山の独立国があって
これらの国と比較して沖縄は小さくはない。十分に独立してやっていけるに
決まっている。

中国/アメリカ/日本/韓国/北朝鮮などの隣国や関係国と相互不可侵の平和条約
を結べば,平和の民である琉球人ならば問題なく幸せに暮らしていける。

沖縄県議会は新たな米軍基地を造らせない決議をする暇があったら,日本国
から独立する決議をした方がよほど手っ取り早い。

日本政府も日本国もすでに少しずつではあるが,崩壊が始まっている。日本
から離れると,経済的には一時的にせよ苦しくなるかもしれないが,壊れ始ま
っている国にしがみついているよりも,自立の道を選ぶ方がよほど将来性が
あるのではないだろうか。■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。