FC2ブログ
2010年04月28日 (水) | Edit |
我々日本人とは何者なの?ばか者なの?

いま首相に最もふさわしいのは,1位舛添前厚生労働大臣で2位は鳩山首相との
ことである。鳩山の問題点は今さら並べ立てることもないが,それでは舛添に
問題はないのか。

「1年以内に全記録の名寄せを完了させる」と言った張本人ではないのか。
しかし,できそうにないことが分かると開き直って見せた。開き直れば許される
のか?こんなうそつきが日本の1番人気の政治家でいいのか?

現職の鳩山もまもなく首相ではいられなくなるだろう。そして,人気は地に落
ちるだろう。誰が考えてもこの2人は政治家としてOB(out of bounds)なの
ではないだろうか。

ゴルフのOBなら2罰打でプレーを続けられるが,この2人は大変なうそつきで
あり,政策がどうのこうのではなくて,人格上に重大な欠点を共有していて,
「首相にふさわしい」どころか,首相候補のグループに入れてはならないので
はないのか。

舛添は当初,社会保険庁の役人や厚労省官僚を盛んに批判していたが,期限内
に名寄せは不可能と知ると,すぐに裏で官僚と手を組んだと考えられる。

名寄せとは記録と結びつく可能性のある者を特定すること,と決めてしまった。
特定できる者とできない者とを区分けできれば,それで終わりと言うことに
してしまった。

これは明らかに官僚の悪知恵であり,舛添の考えではないだろう。その証拠に
名寄せの定義を後付けで決めてから,舛添の厚労官僚批判はぴたりと止まった
からである。

この舛添の大うそは2・3年前のことであるが,2・3年たつと日本人はすっかり忘
れてしまうと言うことか。日本人の脳みそは揮発性なのか?それともメモリー
容量が足りないのか?アホなのか?

今後も舛添は官僚と裏で手を握り続けるだろう。首相の座はおろか少しの権限
も持たせてはならない政治家の一人なのである。

しかし,自民党を出たのは正しい。この男は目先だけは利くらしい。課長まで
ならいいが,社長にすると会社をつぶす。国をつぶす。■
スポンサーサイト



テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック