--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月23日 (木) | Edit |

■俺の物は俺の物お前の物も俺の物」中国人

現在の中国は共産党独裁だ。だから,中国人の生活は「市民対お上」の関係に
より成り立っている。お上に意見をぶつけてOkなら良いしダメと言われれば
それまでだ。

だから,一般人が相互に妥協し合って問題を解決していくことは少ないのだろ
う,相手を思いやる風土は育っていない。お上に対してはなりふり構わず訴え
る。訴えるのは得意だから日本に反発するときもわめくのは得意中の得意だ。
相手のこのなど知ったことではない。「俺の物は俺の物お前の物も俺の物」が
現代の中国人だ。

■中国「太平洋に出たい!」

中国は台湾問題はまもなく解決すると確信しているようだ。すると邪魔なのは
日本だ。まず,魚釣島を手に入れる。次は沖縄だ。沖縄はしばらくの間は基地
問題で日本政府との間でもめ続けるだろうから,絶好のチャンスだ。

中国は魚釣島の次は沖縄の領有権を主張し始めるだろう。沖縄まで手に入れば
その先は太平洋だ!堂々と艦隊を太平洋に浮かべて制海権を手中に収めること
になる。

その太平洋の先はアメリカだ。あらゆる面でアメリカと対峙(たいじ)する
のが中国人たちの大きな夢なのだ。だから,どうしても魚釣島も沖縄も手に
入れたい。

■魚釣島にこそ米軍基地を造れ

中国が沖縄を狙っているからには魚釣島は絶対に手放せない。沖縄の米軍基地
問題でもめてる暇があったら,魚釣島に米軍基地を造ればいい。自衛隊との
共同使用でもいい。一石二鳥ではないか。

ところが,中国のほうが動きが早い。このところ冷え込んでいた米中関係の
改善に中国側から動き出した。中断していた米中軍事交流が再開に向けて動き
出す可能性が高くなった。

「魚釣島には基地を造らないと約束してくれ。日本から島をぶんどっても中国
もこの島には基地は造らないから…」このように裏約束をしておけば,米中
ともにハッピーだ。両者とも日本のことなどどうでもいいのだ。

■先手必勝

中国は目的を明確にして「仕掛け」から「手段」,「障害の予測」など十分に
検討して先手先手と駒を進めてくる。日本はいつも後手である。「先手必勝」
などは子供でも知っているのに,立派な大学を出た政治家や官僚はなぜ子供
より愚かなのか?

しかし,多くの日本人が政治も経済も外交も何でもかんでも,ボロボロになり
つつあると感じているから,一人ひとりが何とかしなければ,と思っている。
中国が日本の権利を侵害してアメリカは無関心を装うなら,そうすればいい。
いよいよ日本人が結束するときがやってきたと考えよう。なめんなよ■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
No title
これまで歴史的に日本が先手必勝などできたためしがありません。
ただ、下手は下手なりにやって行かなければならないし、何とかなるもんです。
2010/09/25(Sat) 01:23 | URL  | やましろや #-[ 編集]
次は,沖縄ですよ。
> これまで歴史的に日本が先手必勝などできたためしがありません。
> ただ、下手は下手なりにやって行かなければならないし、何とかなるもんです。

でも,尖閣諸島はすぐに中国の領土同然になりますよ。
次は,沖縄ですよ。
2010/09/26(Sun) 18:15 | URL  | うみ太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。