--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月05日 (金) | Edit |

今日は一日中,中国漁船衝突の映像流出事件で日本中が大騒ぎだった。
一週間前,警視庁から大量のテロ情報が流出したばかりだ。漁船衝突映像の
出どころは海上保安庁が疑われている。しかし,映像は警視庁にも送られた
とのことだから,これら2つの事件を並べると,両方とも警視庁が出所では
ないかと想像できないだろうか?

スパイとか諜報局員をプロとするならば,これら両方の事件とも素人の仕業
だと考えられるので,湯水のごとく金を使うと言われるプロは日本の国家や
政府の機密情報を大量に取得しているに違いない。と言うよりも強力な諜報
能力を持つと言われるアメリカ・ロシア・中国などにとっては我が国の機密
情報は筒抜けと考えた方がよさそうだ。

最近,ウィキリークス(Wikileaks)の活動が活発化しているらしい。Wiki
とはWeb上の百科事典:Wikipediaから取ったものだろう。leakとは漏電など
電流がもれる,などの意味で機密情報が漏れる場合にも使われる。

ウィキリークスは政府などの機密情報を公開するWebSiteである。政府や企業
による非倫理的な行為を暴露したい人たちを支援したいのだそうだ。日本での
これらの情報漏えい事件はウィキリークスの行動に刺激された者が起こした
事件かもしれない。

事業仕分け作業で「新世代ネットワーク技術の研究開発」については事業縮減
と判定された。本当にこれで良いのか!

諸外国は情報の流出を防ごうとするだけではなく,他国の情報を利用したり
かく乱したり操ったりで,我が国と比べると大人と子供ほどにレベルが違う
ように感じられる。

日本は憲法によって戦争を放棄したのだから戦争で勝利することはできない。
しかし,情報戦争も放棄したとは言っていないのだから,情報戦争では絶対に
負けてはならない。どうするんだ民主党!■
スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。