--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月13日 (土) | Edit |

中国漁船衝突の映像は警視庁からの流出かと思っていたが,海上保安庁からの
流出であったらしい。うみ太郎の予想は外れたようである。何れにせよ日本の
安全を守る役所からの流出であることには違いない。

この犯人とされている保安官の逮捕を含めた取り扱いについて,政治が関与し
て話をこじらせているようだ。

ところで海上保安庁内でのこの「衝突映像」は「教育資料」扱いだったことが
明らかになりつつある。教育資料とは平たく言えば「教材」のことであるから
それを役所の建物から持ち出したからと言って逮捕できるのか?せいぜい厳重
注意処分程度だろうに。逮捕は絶対にあり得ないのではないか?

保安庁内で一旦,教材扱いになった資料を大臣が国家機密だと一こと言うと,
それだけで国家機密になるのか?もともと黒いものを大臣が赤だと言えば
国家公務員は全員「はい,それは赤です」と言わなければならないのか?

もし,大臣が「あれは国家機密だから絶対に漏らすな」と文書などで公務員
全員に通知した後ならば,それを漏らせば逮捕もありうるかもしれないが,
記者会見などで「国家機密だ」と大臣が発言したからといって,それだけで
逮捕の理由にはなり得ないだろう。

大臣はまず官僚や役人に話を通してから,記者会見で発言すべきで,順序が
逆になると役人の統制が取れなくなるに決まっている。ただでさえ,官僚は
民主党を後ろから撃とうとして銃で狙っているのだから■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。