--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月07日 (火) | Edit |
今年の流行語大賞は「ゲゲゲの」だそうだ。昔の日本は井の中の蛙(かわず)
状態,今の日本はガラパゴス状態であることがこの大賞をみるとよく解る。
もっと世界に目を向ける力があれば大賞は「ウィキリークス」だっただろう。

今,ウィキリークスはここが開いているので,クリックしてみたらいい。

彼らの行動は国家や強い組織・団体に対するテロ攻撃だと見ることができる。
銃や爆弾を使ういつものテロは全く無関係な人たちを傷つけることもあるが,
情報テロは我々貧乏人に被害が及ぶことはなさそうだ。

権力に対するテロによって権力側がえりを正すようなプラスに作用するか,
その権力が衰退して世の中が弱体化するようなマイナスに作用するか考えれば
いいことになる。

アメリカの秘密がリークしたからといって,アメリカが衰退するだろうか?
中国の秘密があばかれたら,中国は崩壊するだろうか?ありえないと思う。

歴史のことは知らないが,戦争のきっかけはつまらない誤解によることも多い
と考えられるので,適当な情報の漏洩は,しまらない話ではあるが戦争の何割
かは防げるのではないか。

企業の内部情報のリークは重大な問題を引き起こすだろう。深刻なのは零細
企業の場合だと考えられ,そのダメージによって倒産することにもなりかね
ない。寄らば大樹の陰ということか…。

日本はスパイ天国だと言われている。政府の情報管理もいい加減だし,それを
正そうともしていないので,政府の秘密情報も諸外国に筒抜けだろうから,
ウィキリークスにリークされる前に,どんどん発表してしまった方がいい。

警察レベルではネット上のポルノ映像の取締りなどに労力と時間を使っている
らしいが,そんなのほっとけ!女の裸や男の裸の画像がどうしたと言うんだ。
裸にされると困るのは国であり企業・団体などの巨大組織ではないのか。

人は年をとりやがて死ぬがデジタル化されたデータは死なないし,ネット上に
記録されると削除することは無理だ。ここに現代の情報技術の難しさがある。
「はやぶさ」も「あかつき」も大切だが,情報理論を研究することは地味だが
もっともっと重要であることに気付いてほしい。菅内閣には無理かなァ。

師走だってのにゲゲゲの…なんて言ってる国はやはり滅び行く国だね■

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。