--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月26日 (水) | Edit |

安倍・福田・麻生・鳩山と短命なおバカさん内閣が続いたため,菅内閣に対す
る国民の期待は少なくなかった。

ところが,沖縄の基地問題は未解決のまま放置,事業仕分けもいつの間にか蒸発
してしまい官僚たちを喜ばせた。全体的にマニフェスト詐欺とさえ言われている。

特におろかなのは経済財政政策担当大臣として与謝野を党外からつれてきた事
であろう。リーマンショックのとき自民党時代に「日本の銀行はしっかりして
いるから日本の経済は大丈夫」と言ってニタニタしていた与謝野の顔を忘れる
ことは出来ない。

アメリカがクシャミをすると日本が風邪を引くのが常識。リーマンショックが
日本に重大な影響を与えることは素人でも分かったはずだ。

こういう経済素人を財政大臣に選ぶ菅は経済音痴であることは明白であり,
官僚たちにとっては願ったりかなったりである。このまま放置すれば日本の
経済はとんでもない方向へ進みかねない。官僚たちが国の経済を食いつぶす。

今日の代表質問でも自民党の谷垣は菅内閣に解散しろ解散しろと迫る。しかし
国民はノー天気でまるでガキのような谷垣に国政を任せる気になるだろうか?

菅ではもう無理。しかし民主党内は人材不足。死んでも自民党には戻りたくない。
国民は一体どうすればいいんだ?■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。