--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月16日 (水) | Edit |

今回の東日本大地震で最も被害を受けたのは岩手・宮城・福島の3県だろう。
当初は福島県の相馬市・南相馬市などの壊滅的なようすをTVが報じていた。
ところが,原発事故が報じられた後は福島からの津波被害の報道がぷっつりと
途絶えた。

10Kmから始まって,だんだんと避難領域が広げられ報道関係者が締め出され,
自衛隊も退却し,ほとんど福島の海岸寄り地域から皆避難してしまったので,
何も伝われなくなったのは当然だろう。

しかしこの間,岩手や宮城では孤立していたり閉じ込められていた人たちが
50時間ぶりとか70時間ぶりなどで,10人いや1,000人単位で助け出された。

ところが福島県の海岸の町や村からはこれらの話が聞こえてこない。なぜだ!
当たり前だろう。避難指示が出ているから,肉親があの辺りで生きているに
違いないと探しに行きたくても,避難しろと言うのだ。助かる命はたくさん
あったはじだ。

国は福島県民を見殺しにしたのではないか。今は生きていても,水も食べ物も
ない寒空の下で,間もなく心臓が止まりそうな人が複数人いるのではないか。

いずれ死体で見つかるだろうが,すでに「死人に口なし」である■


スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
首都圏の行政はもっと真剣に
今、新潟県民は福島県をじっっと注視しています。同じ原発を抱え今後同じ悲劇を味あわない保証がないからです。そして新潟県民は何度も震災被害に会いながら、今福島県民の被災者を沢山受け入れているのです。
本来、首都圏行政こそ、福島県民を救わねばならぬはずなのに。
2011/03/22(Tue) 08:22 | URL  | rinkenn #-[ 編集]
これで良いのか日本のメディア
正しく情報が伝わらないのが,国民や政府の判断をくるわせる原因。メディアは「福島は安全」と口をそろえるが,自分たちは福島に入って取材しようとしない。
2011/03/22(Tue) 09:15 | URL  | うみ太郎 #djrlO9pI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。