--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月04日 (月) | Edit |

松本大臣が宮城県知事をたずねたとき,知事が出迎えなかったとして大臣が
怒りまくったと報じられた。国に援助を求めるならば万難を排して出迎える
のが当然だ。

村井知事は「国と地方自治体は対等のパートナーだ」とも言ったようだ。
それなら,さっさと知事が仙台などの復興計画をたてて実行すれば良い。

復興が進まないから,多くの国民は政府を非難しているのであり,もし知事が
独自で進めるなら,国には頼らないとはっきりそう言えば良いし,国民の政府
批判は的外れと言うことになる。

パートナーなどといういかがわしい言葉を使うことこそ許せない。巨額の税金
を使う復興事業を行うとき,誰かがはっきりとリーダーシップを発揮しないと
また官僚の思うままになってしまう。

村井知事が大臣を出迎えなかったのは,どこかの省庁の官僚が電話で「大臣を
てきとうにあしらえ」とのアドバイスがあったからではないか。

細野原発事故担当大臣一行が現地を訪れて,地方の長とその幹部と現場で挨拶
する様子をテレビで報じていた。その市長だか町長は大臣と挨拶をしていたが,
その他の幹部たちは大臣同行の官僚たちにもっぱらペコペコ頭を下げていた。

地方自治体が言う「国」とは「官僚」の意味であると受け取れる。まして,
まもなく終了するであろう菅内閣の大臣などどうでもいいらしい。

狭い意味での「国」とは「政府」のことであり,決して官僚のことではない。
松本大臣はこれが気に入らないのだろう。たとえ任期が短くても,がんばって
ほしい。

菅直人は行政改革を完全にあきらめている。だから,松本大臣には大いに暴れて
ほしいのだ。東北復興の中心は復興大臣でなければならないのであって,官僚
ではないことを,特に被災地の方々には理解してほしいものだ。

被災者からは松本大臣の発言を非難する声が多いという。しかし,今の被災者
にとっては「花より団子」のはずだ。美辞麗句を並べるよりも実質的な復興が
必要なのではないのか。

大事業を始めるには誰がリーダーかをまず決めなければならない。今回の大
災害では被災地だけでなく日本中が苦しんでいることを,特に被災者は忘れ
ないでほしい。

また,前号の「今こそ地方自治じゃないの?」も参考にしていただきたい■
スポンサーサイト
テーマ:震災救援・復興
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。