--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月01日 (火) | Edit |

10月31日の円売り介入は過去最大規模だった可能性が高いと報じられている。
すると5兆円超というところか。しかし,焼け石に水との意見も聞かれる。

もっとずる賢いやり方はないのだろうか?
5兆円でドルを買っても何の徳にもならないのに…。

3.11の大災害で日本人の財産が大量にガレキと化した。金額になおすと20兆円
とも50兆円ともいわれている。復興するにはその分の建築資材や工業材料が
必要となることは幼稚園の子供でも解る。

だったら木材・セメント・金・石油などなどを円売り介入する金でどんどん
買いまくれば良いではないか。岩手の陸前高田市とか宮城県の石巻市とか,
ほとんど更地になってしまった場所に倉庫を作って,建設資材を倉庫一杯に
溜め込めば良いではないか。

商品市場などで先物として買える分は現物でなく先物で買っておけば良い。
しばらくして,被災地に町の再建の動きが活発になって資材類の輸入が活発に
なってくると,資材類は国際的に値上がりし,円安になることが予想される。

自分たちの町の倉庫に建築資材が大量にストックされていることは,被災者を
勇気付けるだろうし,海外の投資家たちも日本が輸入を増やして本気で復興に
取り組むのだという政府の姿勢を明確に理解することになるのではないか。

買い集めた資材類は被災者に無償で提供する必要はない。安く売ってあげれば
良い。実際に資材類が工事現場に運ばれるころは建築資材が世界的に高騰し,
円安に向かっている可能性が高いから,政府はほとんど損はしないだろう。

徹底的な縦割り行政だから,円高になると財務大臣は「バカの一つ覚え」の
ように円売りしか思いつかないらしい。政府が全ての省庁の専門家を集めれば
もっとずる賢いやり方を考え付くのではないか?「バカ正直」では絶対にダメ
「したたかさ」が必要だ。

だいたい官僚や政治家たちは大学を出ているのだろうか?何,何とか言う一流
大学出が多いって?そんな役に立たない大学はつぶしちまえ!■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。