--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月10日 (木) | Edit |

TPP交渉について野田総理はすでに参加の方向で政治的に決断しているようだ。
なぜなら,賛成意見や反対意見について,いっさい耳を傾けていないからだ。
この政治的決断が最も危険ではないのか。

TPPが将来の日本にとってどうなのかを考えないで,現在のアメリカとの外交
関係において,政治的判断がなされようとしている。

今アメリカとの間に存在する,日本政府が頭を抱えている最大の問題は何と
言っても普天間基地移設問題であろう。だからアメリカから強くTPP交渉参加を
求められると,全く断りきれない状態であり,最悪だ。

国内の賛成意見や反対意見などどうでもいいのである。国民のためのTPP参加で
なくて,とにかくアメリカの要求通りにして,政府は一休みしたいだけだ。

重大問題の先送りは必ずそのツケがやってくる。オリンパスがやった「飛ばし」
と同じだ。普天間問題はその典型的な見本である。だから,TPPは普天間が解決
し,アメリカとの関係が正常化してからの方がいい。

アメリカは農産物を日本に売り込みたいだけなのだから,日本はあわてる必要
など何もない。日本が参加しないと話は始まらないと考えていいからだ。

特に,3.11の大災害の後だから「復興のめどが付くまでTPPは待ってくれ」と
申し出れば一件落着である。オバマに血も涙もないと言うなら話しは別だが。

問題を一つ一つ確実に解決していこう。自分に解決能力がないのなら,例えば
経済問題では早めにIMFの査察を受けよう。国際関係ではアメリカの意見だけで
なく,積極的に中国の意見にも耳を傾けよう。

野田総理は「あれもこれもいっぺんに解決してみせる」とよく言うが「めくら
蛇に怖じず」である。目の見えないどじょうと言うことか■

スポンサーサイト
テーマ:これでいいのか日本
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。